Shared Personnel

情シス部門のタイムシェア|シェアード社員

社員数50名から1,000名の成長企業の悩みである、
情報システム部門の人材不足・知識不足・ネットワーク不足を、
弊社社員の時間・経験・人脈のシェアで解決します。

シェアード社員とは

情報システム部門の悩みを、
“シェアード社員”がチームで解決します。

  • 専任社員を雇用するほどではないが兼任するには多すぎる情シス業務を頼みたい
  • 部門ごとに構築してきた情報システムを全体最適化したい
  • ブラックボックス化、属人化した社内ITを見える化したい
  • 専門知識の裏付けと共にITの必要性を経営層に説得したい
  • 情シス人材の評価やマネジメントも含めて任せたい
  • 指示待ちではなく的確に意図を読み取って動く情シス担当者が欲しい
  • 仕事の範囲を区切らず、柔軟に対応する情シス担当者が欲しい
  • 最新の知見や他社事例を知りたい

シェアード社員は準委任契約です

一般的な派遣社員とユナイトアンドグロウのシェアード社員は
全く性質が異なります。

時間課金

  • お客様の課題と予算に合わせて、3時間~3年まで、時間でサービスを提供します。
  • 働いた分(時間)のみ請求します。
  • 業務範囲や要件が不明確な仕事もお引き受けすることができます。

社員目線

  • 貴社の社員の立場で考えるので、モノやソフトは売りません。
  • 業務範囲にはこだわりません。
  • 他の業者に依頼すべきと判断したときは、外注を提案します。

つながり

  • 全案件を複数名のチーム(スクラム)で担当します。
  • 全社員が互いの知識とノウハウを共有し、課題解決の最適な手法や適切な外注先を紹介できます。
  • スクラム以外にもボンド、ユニット、部活動、勉強会、全社会などさまざまなグループを作り、社内でネットワークしています。

情シスのニーズに合わせて、
さまざまな「シェア」の形をご提供します。

「ITに関する最新の知識を得たい」
「新サービスリリースや年度末など一時的な繁忙期にヘルプを頼みたい」
「突然トラブルが発生したので助けて欲しい」
「社員と同様に社内で情シスのさまざまな業務にあたって欲しい」
「情シス人材を育成したい」
…中堅・中小企業が情シスに求めることは、企業ごとに、また時と場合によって異なります。

利用方法の種類

ステイオン 140時間~160時間の常駐に近い形でシェアード社員を利用します。
フレックス 1時間~139時間まで、時間単位でシェアード社員を利用します。
クイックレスキュー インシデント発生時の緊急駆けつけサポートをします。
スポット 時間単位でシェアード社員を利用します。
ラーニング 弊社主催の勉強会や研修会への参加が可能です。(貴社内での開催も承ります)

シェアード社員の業務例

準委任契約で社内情報システムに関わるすべての仕事を遂行します。
下記はほんの一例です。

システム活用コンサルティング(IT中長期計画策定/IT課題整理/内部統制)

  • 予算策定
  • システム投資計画
  • 基幹システム統廃合
  • ISMS認証取得支援
  • ITリテラシー教育

システム運用代行(インフラ整備・運用改善/サービスデスク)

  • グループウェア導入
  • システムリプレイス
  • インシデント管理・対応
  • IT資産管理適正化
  • NW/サーバ構築・運用
  • ドキュメント作成

システム担当者の育成・交流支援(ラーニングサービス)

  • 参加者が主体となって継続的に運営される、経験シェア型の勉強会
  • 弊社社員または外部講師による研修
  • 貴社に出向いてのチームビルディング研修、会議ファシリテーション、弊社研修の社外での開催

シェアード社員が利用される理由

正社員を雇えば、シェアード社員を利用する必要はないのでは?
という質問には「はい、その通りです」と答えます。
それでもシェアード社員を選択する企業様が増えているのには理由があります。

Reason.1

直接雇用のリスクがゼロになる

各企業で情シス部門独自のキャリアプランや評価制度を構築するのはとても困難です。長期雇用したスタッフが退職する時には誰もシステムがわからなくなるリスクがあります。

シェアード社員は弊社の中でさまざまな会社を定期的にローテーションすることで、業務の属人化を防ぎます。また、弊社と長期で関わっていただくと、数十名の情シス担当者がご支援するため、1企業で採用できる情シス人材の倍以上の情シス人材リソースをご活用いただけます。

Reason.2

時間あたりの生産性が上がる

各々が業務を通じて得たノウハウ、事例、人脈などのナレッジを全社員でゆるやかに共有しています。

お客様の課題にマッチした経験を持つシェアード社員が、経験したことをベースにブラッシュアップして業務に取り組みますので、事例調査や外注先を探す時間が大幅に短縮でき、さまざまなリスクを低減することができます。合わせてまた、第三者が客観的にご提案をさせていただくことで、お客様社内での意思決定時間の短縮も期待できます。

Reason.3

スタッフの交代と増減ができる

日々のシステム運用やヘルプデスク業務、年度初めの新入社員対応、保守切れが迫ったシステム入れ替え、年数回の全社成長戦略立案など、情シス業務は業務量も必要なスキルレベルも常に変動しています。

弊社のシェアード社員は、複数のスペシャリストがチームとなって業務にあたります。お客様の業務の変化に応じた人員の交代や増減も自由なので、ビジネススピードに合わせて必要十分な情シス人材を社内情シスメンバーとしてご利用いただけます。

Reason.4

範囲を限定せず仕事を依頼できる

シェアード社員ご利用時の契約は「準委任契約」、すなわち契約時間に対して課金され、その中でできることを、業務範囲を限定せず自己の裁量でご提供します。経営戦略の策定からヘルプデスクまで様々な業務にご対応可能です。

今日の変化の激しいIT環境において、変化に常に順応し、積極的にチャレンジする姿勢で業務に取り組みます。

準委任契約の図

*準委任契約とは

担当人員が、専門的知識・経験・能力を活かしたプロフェッショナルとして、発注者により注文や委託を受けて(指揮命令を行わずに)、自己の裁量と責任において自己の業務として業務を遂行する場合に適用される契約のことです。

Reason.5

専門スタッフをさまざまに配置できる

ビジネスの成長スピードが早い企業では、開発や販売に優先的に人が投入されがちで、システム部門への人材配置が追いつきません。

シェアード社員がこの問題を解決します。

各階層の隙間を埋める図
Reason.6

継続的に業務を任せられる

シェアード社員では、「一人情シス」と言われるようなごく小規模の案件においても、複数名の体制(スクラムと呼びます)を組み、情報の共有やディスカッションを実施しています。

小さな案件においても、実際には多くのスタッフがお客様の情報をゆるやかに共有しています。社員同士の情報交換会、社内SNS やメールによるQ&A などを頻繁に実施しています。つまりお客様は、間接的に弊社の全スタッフの知恵(他の会員企業のIT 活用の知恵)を活用することとなります。もちろん企業秘密にあたる情報は相互に伝達をしません。

スクラム体制の図
TOP