事業内容

 私たちが展開するサービスは、限りある人的資源や知的資源をオープンかつ安全に共有し、顧客が抱える情報システム部門の課題を解決することで、成長支援に貢献できるものと考えております。シェアする範囲は幅広く、ITに関する人材、技術、知識、人脈、また人材採用、社員育成、組織づくりのノウハウなど、企業活動全般に係るシェアの技術が当社の強みであると認識しております。

インソーシング事業

 インソーシング事業は、中堅・中小企業に対して、情報システム部門を支援する会員制サービスを行なっております。IT人材と知識をシェアすることで、中堅 ・中小企業のITに関する人材不足の解消、課題解決、経済的負担の軽減、企業のデジタル化を推進し、顧客の成長加速を支援しております。

 

 対象となる企業は、業種に偏ることなく従業員数50名~1,000名規模、かつ、当社グループ拠点である東京都千代田区を中心とした東京23区内に所在する企業や事業所であります。このサービス提供方針を明確に定めることで、事業の効率化及びサービス品質の維持を実現しております。

 

 当社グループが主要な顧客としている中堅・中小企業の情報システム部門は、従業員50名の企業で専任者が1名あるいはゼロ、従業員1,000名の企業でも多くて10名程度とIT人材不足は深刻なものとなっております。また、知識や経験の蓄積があっても再利用や継承の機会がなく、人の異動も少ないため、生産性が上がりにくい状況だと考えられます。

 

 そこで、当社の「シェアード社員」注2が直接、顧客のオフィスヘ出向き、顧客が自社人材だけでは対応できないITに関する課題等をヒアリング・整理し、スクラム注3体制で解決の支援を行います。

 

 具体的には、ITインフラの整備やヘルプデスク等のシステム運用に関するもの、IT課題策定や内部統制等のシステム活用に関するコンサルティング、システム担当者の育成や交流支援等、中堅・中小企業における情報システム部門の多様なニーズをサポートしております。

 

 なお、本サービスは準委任契約注4として提供し、シェアード社員には当社から指揮命令を行っております。

 サービスの提供においてはポイント制料金システムを採用しております。
顧客はポイントを事前に購入し、時問課金により利用したポイント分が月々消費され、余ったポイントは翌月以降に繰り越されます。

 

 顧客の月々の利用時間を見積り、それに見合った支払コースから選択できるサービス提供形態としております。
 一時的な利用、研修や勉強会、ITトラブルの緊急対応、月間稼動時間別の利用、常駐対応等、顧客の依頼業務及び希望条件に合わせて選択できるコース体系を「シェアード社員 サービス利用規程」として定めております。なお、顧客は企業秘密を守りながら専門の技術者(当社シェアード社員)へITに関する質問を直接行うことができる会員制Q&Aサービス「Kikzo」も利用可能です。また、Webサイトによって全国の情報システム担当者をネットワークし、知識や経験をシェアするオープンナレッジサービスは注5 「Syszo」の連営も行っており、無償で利用することができます。

 

シェアード社員の業務例

システム活用コンサルティング

予算策定
システム投資計画
基幹システム統廃合
ISMS注6認証取得支援
ITリテラシー教育

システム運用代行

グループウェア導入
システムリプレイス
インシデント管理・対応
IT資産管理適正化
ネットワーク/サーバ構築・運用
ドキュメント作成

システム担当者の育成・交流支援

経験シェア型の勉強会
社員または外部講師による研修
チームビルディング研修
会議ファシリテーション
当社研修の社外開催

セキュリティ事業

 PCI DSS注7準拠や認証取得のための支援・ コンサルティングサービスの提供、情報セキュリティマネジメント関連文書の整備支援業務、海外企業の日本展開における日本基準への適合支援業務を提供しています。また、サイバーテロ、セキュリティ事件 ・事故が発生した場合の対応支援(原因究明、第三者委員会設置支援、メディア対応、レピュテーションモニタリング、関係省庁への報告、再発防止策策定・実装支援、対応マニュアル整備支援等)や、ペネトレーションテストサービス(ネットワークに接続されているコンピュータシステムの脆弱性に関するテストサービス)を提供しています。

 

 当事業は連結子会社であるfjコンサルティング株式会社が行っています。

注1.シェアード・エンジニアリングとは限りある人的資源や知識資源をオープンかつ安全に共有する独自技術であり、当社事業の基盤技術をいいます。
注2.シェアード社員とは、情報システム部門をタイムシェアで提供する当社所属の社員をいいます。
注3.スクラムとは、顧客案件チームの呼称であり、複数のシェアード社員で構成されております。
注4.準委任契約とは、顧客側ではなく当社側での指揮命令のもと業務を遂行し、知識・経験・人脈を生かして顧客の課題を解決する契約です。当社においては、成果物を伴わないため、時間課金の料金体系となっております。
注5.オープンナレッジとは、公開されたデータを活用して課題の解決につなげることができる共有知識の利用をいいます。Syszoでは、ユーザー登録した個人会員は誰でも、ITに関する共有知識を利用することができます。
注6.ISMSとは、情報資産のセキュリティを管理するための仕組み(lnfomation Security Management System)に関する代表的な国際規格です。
注7.PCI DSS (Payment Card Industry Data Security Standard)とは、カード会員情報の保護を目的として国際ペイメントブランド5社(アメリカンエキスプレス、Discover、JCB、マスターカード、VISA)が共同で策定したカード情報セキュリティの国際統一基準です。
注8.フォレンジックとは、情報流出やデータ破壊などのコンピュータセキュリティに関する人為的事象において、その原因究明や証拠発見等を行うための情報分析や技術的な手法のことです。

 

以上の事業の系統図は、次のとおりであります。

事業系統図

注1.タイムシェアサービスとは中堅・中小企業の情報システム部門の様々なニーズに対し、当社のIT人材(シェアード社員)を時間単位で活用できるサービスのことです。高度な専門技術を提供する当社の主軸サービスであります。
注2.クローズドナレッジとは、安心•安全な環境で利用できる蓄積された共有知識のことです。会貝制Q&Aサービス「Kikzo」の顧客は、Webサイト上から各種問合せ等を行い、安全な環境において専門技術者(当社シェアード社員)の知識や経験を活用することができます。

TOP