Suda Note

Suda Note | 社長ブログ

駅伝で「たすきをつなぐ」感覚っていいですね

Suda Note | 社長ブログ
2011.10.08

会社のメンバー11人で「パラカップ駅伝」に参加しました。
お台場・潮風公園を利用した1周約2kmのコースを、チームをつくって3時間でぐるぐる回り周回数を競うという、新たな趣向の第1回目の大会です。

20111008

ユナイトアンドグロウ(旧社名:TECNET)からは「上位入賞狙いチーム」と「ファンランチーム」の2組をつくって参戦。

全体では150組が参加していて、各チームの「のぼり」が立つ会場はとても賑やか。中には、トライアスロンやマラソンのユニフォームでビシッと決めているチームもあり、すごく速そう。その一方、「聖子ちゃんとファンクラブ」という不思議なチーム(あまりにもよく出来ていたので特別賞を受賞!)、シロクマの着ぐるみチーム(走りにくそう!)、キャミソールの女子チーム(男子の視線が集中!)など、若い参加者が多いPARACUPだけに華やかな大会でした。
20111008_2

スタート前に全員でエアロビ。全然ついていけていない私(写真右)

 

20111008_3

この広場は、実物大のガンダムが出現した場所でもありますね。

 

20111008_4

3時間後の最終ランナーを沿道で応援!
写真の右側はバーベキュー・フィールドで、走るたびに旨そうなにおいが!

 

20111008_5

周回コースの利点。仲間を応援できる!

たすきをつなぎながら走る、というのは、やってみてわかりましたが、すごくいいですね。走るのが苦手な人でも1周2kmなら参加可能だし、チームの一体感を感じる駅伝方式は、他でも流行りそうです。ただし、ついつい自分の限界で走ってしまいがちなので、気をつけましょう。

20111008_6

レイオンコンサルティングの橋口社長が撮影してくれました。
何と1周目は4分台だったとか。(私は7分10秒)

 

20111008_7

トップチームは、150組中30位。目標達成おめでとう!

須田騎一朗
ユナイトアンドグロウ代表
TOP