REQUIRED SKILLS
スキルレベル・年収イメージ・業務例

3つの評価軸

弊社では以下の3つの評価軸から社員の能力を評価します。
下記の3つの評価軸を元に、シェアード社員の「スキルレベル」が定められます。

  1. 1.ITスキル

  2. 2.ビジネス
    スキル

  3. 3.社員力

シェアード社員の
スキルレベル

スキルレベルとは

「スキルレベル」とは、中堅・中小企業の情報システム部門で必要とされる能力を
相対評価によって数値化し、レベルごとの記号へと置き換えたものです。

スキルレベルはL1から順にL2、L3、L4と数字が大きくなり、
その中でもさらにA〜Eのアルファベットでレベルが細分化されています。
この数字の大きさとアルファベットがシェアード社員としての能力の高さを表しています。

スキルレベルの段階イメージ

社員のスキルレベルは3ヶ月に1度の見直しで随時更新されます。
弊社では、このスキルレベルという評価システムによって社員の自己成長を促しています。

シェアード社員の
年収

ユナイトアンドグロウから社員へと支払われる一定額の給与(ベース給)と
個人の粗利益によって変動する給与(インセンティブ給)との合算金額が
シェアード社員の報酬となります。
その他、会社の業績によって配布される決算賞与も合わせたものが年収となります。

シェアード社員の年収の算出方法 シェアード社員の年収の算出方法

スキルレベル別 
年収イメージ

以下は、スキルレベルごとの年間の担当案件と、それに伴った社員の年収の参考例です。
シェアード社員はスキルレベルにより担当する案件が異なります。
そのため同じスキルレベルでも稼働状況によっては年収が前後することがあります。

  • Aさんの年収イメージ
  • Bさんの年収イメージ
  • Cさんの年収イメージ
  • Dさんの年収イメージ

スキルレベルごとの
業務内容

  • L1A

    • ヘルプデスクの他、PCキッティング、入退社対応や総務業務を経験。
    • 社内SNSや出版管理システムの企画、導入をサポート。
    • Accessの一般的な操作と軽微な修正が可能。

    主な業務内容

    • ヘルプデスクからPCキッティング、アカウント発行等の対応をメインに行いつつPC等のIT資産、セキュリティカード等の備品管理を担当してきた。
    • 総務業務においては業務一覧の作成や住所録統合、管理方法の見直しを実施し、運用フローの改善も行った。
    • 現在はMac環境の企業において、ヘルプデスクやキッティング、アカウント管理等の入退社処理を行っている。
  • L2A

    • ヘルプデスクから資産管理やアカウント管理まで情報システムに関する業務を経験。
    • 小規模な会社では一人で情報システム担当として、状況に応じた柔軟に対応が可能。

    主な業務内容

    • 数百名規模の会社のヘルプデスクとしてユーザー対応を行う傍らPCやNAS等のサーバ機器の運用保守、各種ITツールの資産管理を実施。
    • 業務内容の可視化のため、手順書や運用フローの作成も行う。
    • また、iPad等のモバイル機器の導入も担当している。
    • ユナイトアンドグロウ社内において営業推進活動を兼務している。
  • L4A

    • 財務・管理会計、法務等の経営管理に関する幅広い業務経験を保有。
    • 情報システム関連の規程策定や整備。
    • 業務システム企画や業務フロー分析に関しての経験が豊富。

    主な業務内容

    • ERPパッケージの導入とそれをきっかけにした内部統制対応、ルールづくりを支援。
    • BIツールを用いて計数管理を支援。KPIの可視化を行い現場へ浸透させる等ITを使った営業活動貢献。
    • 課題管理から予実管理まで様々なものをコントロールしてお客様を支えている。
    • お客様の内側にいて、外部視点からの意見をお客様に届ける役割を担っている。
TOP