DAILY WORK
UGの日常

シェアード社員のつながり|オンライン懇親会を開催

  • 中途(20代)向け
  • 中途(30代〜)向け
  • 新卒向け
2021.05.21

こんにちは!採用広報室のゆっちょです。
今回はインソーシング事業部主催の懇親会兼新卒歓迎会の様子をお届けします!!

インソーシング事業部とは?

当社のメインサービス「シェアード社員サービス」を展開している部署です。主に「対UG」の業務、予実管理、労務管理、組織づくり、相互にメンバーフォローなどを行っています。

インソーシング事業部は第1インソーシング事業部と第2インソーシング事業部に分かれており、それぞれ約80名のメンバーで構成されています。各事業部は1グループ8名ほどの「ユニット」という単位にグルーピングして、情報を蜜に共有しながら運営しています。(UGメンバーのほとんどがインソーシング事業部に所属している「シェアード社員」です)

同じサービスを展開しているにも関わらず、あえて事業部を2つに分けているのは、当社のコア・バリューのひとつ「つながり」を強くするのが大きな目的です。
お客様サポートを同じ事業部のメンバーで推進していくため事業部内の「つながり」は強くなりますが、一方で、異なる事業部メンバーとの「つながり」は、サービスを介さない、ボンドや勉強会、全社会などに限られてしまう、というさびしさもあります。

そこで、「新卒歓迎会を兼ねて、事業部をまたいでユナイトしましょう!」とインソーシング事業部メンバー企画の懇親会が開催されました。

懇親会の始まりです!

WEB会議を利用して19時からスタート。40名ほどの参加でした!
(懇親会は業務時間外にて実施されたため、自由参加で出入り自由です!)

新卒歓迎会ということもあり、新卒にはオンライン飲み会専用フードボックスサービスを利用して食事のプレゼント。

こちらです!
ドン!!!

主催者(なるこ)による開会のあいさつで懇親会スタートです。

なるこ:ブレイクアウトルームでたくさんお話しましょう。ランダムで振り分けるので新卒と話せたら当たりです(笑)
それではみなさん乾杯しましょう!”かんぱーい”

参加者:かんぱーい!!

参加したルームをご紹介

1回20分のブレイクアウトルーム。1グループ6人程で振り分けられ、誰と同じルームになるかは振り分けられてからのお楽しみです☆


Room1
メンバー
2021年中途入社TOKIO、2015年新卒入社パクちん、2018年新卒入社まーり、2021年新卒入社たこやき、ひづめちゃん

新卒2名の大当たりグループでした!

あらためて自己紹介からスタート。
名前、趣味、社内での役割をメインに話しました。
オンラインならではの「何話す?」という空気もありながら、その後は新卒2人にコロナ禍での学生生活についてや、TOKIOさんの前職(テレビ業界)の話で盛り上がりました。
最後は「ウェルカムラリー記入しますよ~」ということで、この回は終了しました。

ウェルカムラリー=入社時に既存社員100名に直接会ってお互いに自己紹介し、コメントとサインをもらう長年続いているUG独自の取り組み

Room2
メンバー
2019年中途入社団長、中途入社モーリー、2016年中途入社2in、2021年新卒入社さわさわ

1回目のルームで新卒のいなかったメンバーからは今回は新卒がいると喜びの声もありながら、こちらも自己紹介からスタート。

さわさわのテーブルが届かずに不便だった話や、ゆっちょの趣味ボディメイクの話、2inの痩せた話、モーリーは最近自転車で100㎞移動した話を自己紹介と織り交ぜ話しました。

「フットサル部の活動も集まれるようになったらやりましょう」という部活動の話も出ました!
フットサル部はコロナ禍以前、年に数回コートを借りて楽しくミニゲームをしたり、大会に出たりというフットサル未経験のメンバーも多い中で活動していたのですが、最近は全く部活動の活動もできずにいます。
もちろんフットサル後の飲み会も大盛り上がりします!

その後はさわさわの出身地香川県や四国について、うどんの香川県vs埼玉県、団長の出身地福島県は馬肉が美味しく野菜やフルーツの生産は2位が多いなどなど…
出身地にまつわる話をしましたが、こうやって話してみると出身地のことでも意外と知らないことありますよね。

お酒好きなモーリーと2inの2人は痛風のつらさを、、、「かにを食べると痛風になるのは本当なの?」という疑問も。

ここでも最後はウェルカムラリーのお願いで終わりました。

懇親会のさいごに

第2インソーシング事業部長から締めのあいさつです。

すべらない話をするとのことで、
WEB会議上のチャットでは「チーターよりすべらない話はあるのか??」などのツッコミもありつつ、すべらない話を。
参加者はみんなミュートで聞き入っていたため、事業部長はまわりへの反応を求め、大盛りあがり(笑)素晴らしい懇親会の締めでした!

事業部をまたいでの懇親会であったため、普段の業務で関わりのないメンバーともコミュニケーションをとることができました。
オンラインのユナイト活動も工夫次第でつながりを作り続けられると感じる懇親会でした!

人気のある記事

TOP